自分の為より、子供の為に摂取したい栄養

妊娠中にDHAを摂取するのは良い事とされています。

早産する確率が下がる事や、子供の喘息の発症の低下に効果があるとされているからです。

妊娠中は生魚を食べられないし、つわりなどで食べたくないと思う女性が多いと思いますが、なるべくなら取りたいもの。

食べれない日はサプリメントを飲んで摂取するのごオススメです。魚料理がダメでなければなるべくならサプリメントに頼らずに食事からとるのが一番です。

妊娠中は眠いし、疲れるし、体調がいつもと違う事が多々あるので、料理をしたくないという日も凄くあるかと思いますが、焼魚にするととても楽だし、摂取も出来るし一石二鳥だと思います。ちなみに、妊娠中だけでなく、出産後も大事な栄養です。母乳育児の方は絶対欠かさず取りたい。

摂取した分、母乳から出て、赤ちゃんに行くと言われています。

子供の脳の発達には欠かせないので、妊娠中から心掛けて摂取していけると産後も無理せずに取り続けられると思います。

DHAを効率よく摂ることのできる魚料理

魚に含まれているDHAを妊娠中に食べることは、おなかの中の赤ちゃんの脳神経の発達に深く関わります。また食べている本人も生活習慣病を予防することが期待できる、すばらしい栄養素です。

そんなDHAをおいしく、効率よく摂取できる方法をご紹介。

DHAを一番効率よく摂取できる魚の調理法はお刺身です。

火を通して加工をすることがないので、魚に含まれるDHAを逃さずに摂取することができます。

DHAが多く含まれるおすすめの魚は、トロやタイ、ブリなど。ただし、妊娠中は生の魚を食べると、魚に付着した菌が体に取り入れられ、おなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要とされます。

ほかには魚の缶詰などもDHAを効率よく摂ることができる方法の一つです。

反対にせっかく魚を食べてもDHAを摂取しづらい方法を紹介します。これには煮魚やフライなどが当てはまります。

煮魚やフライの場合、煮込んだ水や、揚げた時の油にDHAが溶け出してしまうため、効率よくDHAを摂取することができません。

妊娠中に摂取しておきたいDHA

妊娠中にしっかりと摂取しておきたい成分のひとつが、DHAです。

頭が良くなる栄養素として有名なDHAは、胎児の発達にも良い影響を与えると注目を集めています。

そしてもう一つ、大きな注目を集めているのが、早産の予防効果です。

妊娠中にしっかりとしたDHAを摂取していると、早産のリスクが低くなるという研究結果があります。

その為、健康で元気な赤ちゃんを産みたいと考えるのであれば、DHAを積極的に摂取しておくことがおすすめです。

DHAといえば、青魚に多く含まれている成分で、魚料理をしっかりと食べていれば、必要な量を摂取できると考える人もいるでしょう。

しかし、調理法によっては、DHAの一部が損なわれてしまうこともある為、しっかりと魚を食べているのに、必要量には足りていないという状態になることは珍しくありません。

それに対して、サプリメントであれば、毎日必要な量のDHAを手軽に摂取することができます。

食欲がない時、料理の栄養バランスを考えている余裕がない時でも、しっかりとDHAを摂取できるので、妊娠をしたらDHAサプリメントの活用を考えておくと良いでしょう。

szwipes