妊娠中のDHA摂取の有効性と摂取方法について

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」の略で、必須脂肪酸の一つになります。これは人間の体内では自然に作られないので、食事により摂取する必要があります。妊娠中の妊婦さんがこのDHAを摂取すると、血圧やコレステロール、中性脂肪などを正常値へ戻してくれて生活習慣病の予防になったり、早産や生まれてくる赤ちゃんの喘息発症のリスクなどの軽減につながるともいわれています。また、妊娠中の赤ちゃんへの脳神経の発達を促進してくれるともいわれているので、赤ちゃんのためにも積極的に摂取したほうが良いでしょう。
しかし、DHAは酸化しやすいので、1番良い食べ方は生のまま、お刺身などでの摂取ですが、妊娠中の身体に菌が体内に入ったりして赤ちゃんを危険にさらしてはいけないので、生のままでの摂取は避けましょう。焼き魚や煮魚など火を通して食べると良いですし、また抗酸化作用のあるオリーブ油を使ったり、トマトやキュウリの副菜も併せて摂れると効果的です。また、鯖の水煮缶などの缶詰を利用すると、煮汁などにDHAが残っているので、手軽に調理ができて効果的に摂取できるのでお勧めです。

魚料理をたべて赤ちゃんにDHAを届ける

結婚してからなかなか妊娠できなくて、妊活をしていました。その頃から食事や栄養などについて勉強していたので、妊娠してからとても役にたちました。
お腹の赤ちゃんの、脳の神経の発達にいいとされているDHAを、サプリメントからではなく、日々の食事から摂れるように、魚料理を中心にしたメニューにしてみたり、副菜にも魚をちょこっと入れてみたりして、魚を食べることを習慣にしました。
DHAだけでなく、たんぱく質やカルシウムも一緒に摂れるので、妊娠中にはお腹の赤ちゃんのためだけでなく、妊婦さんにも栄養面で効果的だと思います。
よく作っていたのが魚のホイル焼きです。サケやタイ、タラなどに、一緒に野菜もたっぷり入れてホイルで包んで焼くだけでとても簡単なのに、栄養満点です。
あとは、缶詰めの魚のさば缶やサケの水煮缶、イワシやツナ缶などもよく使っていました。
缶詰めの汁ごと使ってパスタにあえたり、カレーやシチュー、洋風の煮込み料理にもよく合うので、便利に使っていました。
缶詰めの魚は栄養が凝縮されていて、骨ごと食べられるのでとてもオススメです。

szwipes