妊娠中や授乳中にDHAを摂る必要性

DHA(ドコサヘキサエン酸)とは不飽和脂肪酸の一つで、化学式で表すときはn−3で表されます。主に魚油に多く含まれていて代表的な食品として青魚に多く含まれています。

今はDHAが豊富に含まれている食品の成分を抽出したサプリメントなども売られていて健康にいいと注目されています。

小さい頃に学校等で魚を食べると頭が良くなると言われていたように、DHAには神経を発達させるのに役に立つ成分や栄養が含まれているので、妊娠中や授乳中にDHAを摂ることは妊婦さんの栄養や健康面だけでなく、お腹のなかの赤ちゃんの栄養と発育の為にも重要な物だと思います。

DHAは青魚の中でもさばやサンマ、イワシまぐろなどに重めに含まれています。まぐろやさばは刺し身やお寿司などでも食べられますが、妊娠中や授乳中にはあまりしない方がいい食べ方です。なぜかというと、生のまま食べて食中毒にかかると妊婦さんの体調が悪くなってしまうので、あまり食べれなくなると赤ちゃんに十分な栄養が行き渡らなくなってお互いに命に関わる事もあるからです。

妊娠中の魚料理としては、揚げ物は気分が悪くなってしまうかもしれないので、換気扇を回して焼き魚にしたり、フライパンでバター焼きやアルミホイルを使って蒸し焼きなどがいいかなと思います。

妊娠中にDHAを摂取しておきたい理由

妊娠しているときに、積極的に摂取したいのがDHAです。

DHAは、早産になるリスクを軽減してくれる効果が期待できるため、赤ちゃんのことを考えたときにプラスの効果を期待できるのです。未熟児として生まれることで、赤ちゃんの免疫機能にも影響を及ぼしかねません。将来的に元気に育ってもらいたいと強く思うなら、妊娠初期からDHAを摂取しておきましょう。

また、DHAは研究により、子供の喘息を防いでくれる働きがあることも分かっています。

最近では、アレルギーに悩む子供も多く深刻な問題になっています。喘息を発症してしまうと、運動に困難が生じるなど日常生活を送りにくくなってしまいます。子供にアレルギーの苦しみを与えたくないと考えるならば、DHAの摂取は必然になるでしょう。

妊娠中にDHAを摂取しておけば、胎児の健康を守ることができますが、妊娠中はつわりによって十分な食事を摂ることができません。そんな時こそDHAのサプリを飲んでみるとよいでしょう。

サプリであれば、妊娠中でも体調に関係なく成分を摂取できるためとても便利になります。”

szwipes